今日はこってり

10-06,2016

特濃こってり系ジャズが聴きたくなったんで今日はこれ引っ張り出して来た。

20161006093317cbf.jpg

Chris Potter / Vertigo (1998年録音)

Chris Potter (ts,ss,bcl,p)
Kurt Rosenwinkel (g)
Scott Colley (b)
Billy Drummond (ds)
Joe Lovano (ts) 3,6&8

なんとクリス・ポッター&カートの共演。今ではかなり貴重だ。
冒頭に書いたように皆が皆"こてぇ〜っと"ソロかましてくるんで、
小洒落たピアノトリオ的なのが好きな方は買わない方が無難なヤツ。

収録曲は全9曲。
全てポッターちゃんオリジナル。
ポッターちゃんは当然カッコいいし、
これまた貴重なジョー・ロバーノとの共演も3曲も有るんでサックスファンは間違いなく買って損なし。
よってこのブログではいつもの様にギターファンが気になるカートの露出について書いていきます。
えぇ〜結論から先に書くとカート大活躍。
9曲中8曲参加。うち6曲でアドリブとっている。
この当時まだカートは28歳だが既に貫禄のプレイ。
プレイもサウンドも出来上がってる。
が、曲調やポッターちゃんの影響も受けてか
いつもよりアバンギャルドなアプローチも多い気がする。
でもどんなにドロドロしてもどこか洗礼されてるのがカートなのだ。
(ポッターちゃんもそう)
この辺りの感性がホント好き。
そんな訳でソロ以外バッキングプレイも面白いのでそこも注目して頂きたい。
曲は案外4ビートも多い。(3曲)
6曲目のロバーノ入りの曲などはストレートなジャズでぶりカッコいいし、
何気にメロウな7曲目も物凄くええのだ。短いがカートのソロもいい!
カートファンマストの作品。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK