モレノ参加!

11-08,2016

地味にひっそりと発売されてるドイツ人ドラマーJochen Rueckertの新譜。
ヨッヘンと読むのかヨッケンかよう分かりませんが今日のところは
ドイツ人らしゅうヨッケンと云う事で行きます。

20161108152234189.jpg

Jochen Rueckert / Charm Offensive (2016年録音)

Jochen Rueckert (ds)
Mark Turner (ts)
Mike Moreno (g)
Orland Le Fleming (b)

テナーのマーク・ターナはレギュラー、
ベースとギターが前作(この記事参照)から変更有りだが、ギターがピアノに変更とかならずに良かった。
それにしてもこの人(ヨッケンちゃんの事ね)よっぽどギターが好きなのか、
前作ではラーゲ(ルンド)、それ以前はカート(ローゼンウィンケル)やブラッド・シェピックと、
立て続けにギタリスト雇ってる全ギターファン、ギタリストにとってとても有り難い人なのだ。
しかもその全てがピアノレスカルテットなんで、
ソロ、バッキングと腹一杯ギター聴けるから何ともたまんねっすと云う感じ。
はい内容。
本作も前作同様全8曲ヨッケンちゃんオリジナル。
雰囲気も同じ。
ダークなコンテンポラリーナンバーが並ぶが案外4ビート多しって感じ。
その他もドラマーが作るだけあって何とも絶妙なリズムの曲多く飽きる事無く楽しめるのだ。
ドラムファン大喜び間違い無し。
モレノちゃんのサウンドはいつもより少し丸みを帯びた柔らかい感じを受けるかな。
少しトーンを絞ってるのか?案外例の黒い335弾いてたりして。
ソロもパーペキ!
アドリブパート自体が無い短い3曲目以外は全てでソロパート有ります。
いつも通り怪しく蠢く妖艶なプレイ。
どれもこれもまぁ〜くっそカッコええんでファンの方は絶対買って損なし!
最後にわし的ベスト選ぼうかと立て続けに聴いたがどれも甲乙付け難く断念。
御自分で決めて下さい。
次作はジョナサンかはたまたアダムかニアか?誰になろうが楽しみじゃ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

う〜む!
いいメンツ!
欲しゅうなりました!
2016/11/08(火) 20:00:24 |URL|J works #- [EDIT]
Jさんどうも!
あまりにひっそりとリリースされとるんで危うく見逃すところでしたよ。
くそカッコええんで是非ともご購入して下さい。
2016/11/08(火) 20:06:15 |URL|ガーシャ! #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK