本年最後のお初

12-29,2016

初聴きの人。

20161229121303a8b.jpg

Ricardo Grilli / 1954 (2016)

Ricardo Grilli (g)
Aaron Parks (p)
Joe Martin (b)
Eric Harland (ds)

ブラジル人ギタリスト、リカルド・グリーリのコレはおそらくセカンド作。
まんまカートのバックみたいなメンツも凄いが、
ボートラ入り国内盤までもが発売される注目ギタリストらしい。
じゃが、わしは財布と相談しあっさりと安い外盤購入。
日本盤発売関係者の方々すまぬ。

オール本人作で全9曲。
想像通り変拍子も有りの非4ビート系現代ジャズ。
(ウォーキングベースの4ビートは1曲のみ)
誰しもがオープニングナンバーからまぁ〜「こいつもまたぶち上手いのぉー!」となる筈。
速いパッセージを織り込みつつのコンテンポラリーなフレージング、
熱く燃える様なプレイは控え目に
体温低めでヒタヒタと攻めてくる感じは如何にも今時のギタリスト。
じゃがよく聴くとわりかし素直な音使いも多い気がするんだな。
(コピーした訳じゃ無いが特に手癖的速いフレーズ)
カートの様な独特な癖…初めて聴いた時の様な衝撃は無い。
(まぁーあんな衝撃は滅多にない事なんじゃが)
案外これまでのキャリアの中で歌モノバックとか普通のフュージョンとか通ってそうだ。
まだ若いのだろうしこれからもっと変化して行くタイプと見た。

動画とか観ると使用ギターはかつてのカートのメインと同じディ・アンジェリコのNYSS3B。
そしてこれもまた今では普通で
モレノちゃんやラーゲ(ついでにわしも)も使ってるStrymon のel Capistanや
数曲では上品に歪み(rat)も使ってる。
今時のギタリストのアルバムに有りがちな「誰のソロも無い」と云う曲も2曲有るが、
それ以外はしっかり各人のアドリブは堪能出来る。
(てか逆に2曲もそんなもんが有るんかい!と云う気もするが)
バックメンバーでは初っ端から大暴れするエリック・ハートランドがいいな。
アーロンちゃんもさり気なくいい仕事してる。
最後にわし的ベスト、ちと多いが1、6、9の3曲。
カッコええぞ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。(右はボートラ2曲入り国内盤)



El Capistan



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

ガーシャさん,こんにちは。

このアルバム,私は純粋にバックのメンツに魅かれての購入となりましたが,リーダーもなかなか実力ありましたねぇ。いかにもコンテンポラリーなギタリストって感じですが,結構楽しめました。昨今は実にギタリストも人材豊富ですねぇ。

ということで,TBさせて頂きます。
2017/01/09(月) 12:12:07 |URL|中年音楽狂 #uMKEDMHo [EDIT]
音楽狂さんコメントありがとうございます!
こいつも昨今のギタリスト同様上手いですね。
今のジャズの王道はギターですかね!

2017/01/09(月) 12:47:42 |URL|ガーシャ #- [EDIT]
ガーシャさん、こんにちは。
遅ればせながら、私もEl Capistan入手しました。入手の決め手は、やはり、マイク・モレノとガーシャさんが使っているということですね!

これを使えばモレノと同じ音が出せるはずだったのですが(そんなはずはない)、難しいですね。今は、色々とセッティングを研究中です。モレノのように、うすーく絶妙にエフェクトかけて美しい音を出せるのは、いつになるやら・・・

また色々教えてください!
2017/01/12(木) 23:12:56 |URL|サル #Q85OU6jQ [EDIT]
サルさんコメントありがとうございます。
ご購入おめでとうございます㊗️
色々試して今1番楽しい一時ですねぇ!
エルキャピスタン因みにジェフベックも使ってますよ。
2017/01/13(金) 07:34:24 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

珍しくも私が国内盤を入手:Ricardo Grilliの"1954"。

1954 Ricardo Grilli(自主制作盤→Core Port) 私がCDを購入する場合,基本的には輸入盤での購入が基本である。国内盤を購入するのは極めてまれで,よほど貴重(あるいは稀少)なボ