「ブルーに生まれついて」観た

01-24,2017

広島では先々週の末からやっと上映。
それも1館。2週間のみ。



上映期間中では最後の「メンズ割引きデー」1100円で観れる日だった。
でも どえらい寒いし、最初行くの止めようかと思った。
しかし行って大正解だった!
寒さに負けないで良かった。観終わったあとつくづくそう思った。
とにかく最後のシーン。
あれだけでこの映画がわしの記憶に深く残る映画となった。
詳しくは書かんが、
ジャズを志した人ならあの時のチェットの気持ち分かるんじゃないでしょうか。
分かって泣いちゃったんじゃないでしょうか。(わし)
最後のあれは決して流されたのでは無いんじゃよね。
悪魔に魂を売ったんじゃない。違う意味でチェットの強い意志でそうした。
やり方は間違ってるかもしれんがチェットなりのやり方で全てをジャズに捧げた。
その何とも遣る瀬ない瞬間。
ジャズを志してた端の端の最果ての端くれのわしでもそれが分かった。
だからよくある薬塗れのミュージシャン話のひとつと括って欲しくない。
色んな意味が隠されてる名シーンなのだ。

勿論映画全体的にみてもわしは楽しめたよ。
若干臭いシーンもあるんじゃが恋愛映画として女性目線で観て面白いだろうし
イーサン・ホークの歌も予想外に良い。恋人役の女優もチャーミング。
マイルス役の男もクリソツで笑える。
是非観て頂きたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演奏も良い!サントラ買うか。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK