渾身

02-04,2017

これ聴いて以来、
わしらのライブでは"All The Things You Are"は3拍子で演るのが定番化してる。
(と言いつつ2回じゃが)

20170203193649679.jpg

Jim Hall Trio Feat: Julian Lage / New Port 2013

Jim Hall (g)
Scott Colley (b)
Lewis Nash (ds)
Julian Lage (g)

ブートレッグです。
ジム・ホール 死の3カ月前の録音。
ジュリアンとの共演は何回有ったのかは分からんがわしはこれで初めて聴いた。
サウンドポート音源なんで録音は良好。

収録曲は以下の通り。
1 Big Blues
2 All The Things You Are
3 My Funny Valentine
4 In A Sentimental Mood
5 Eatrice

クレジット上は全5曲となってるが5曲目の前にフリーの演奏が1曲くっ付いてて
更に後には"St.Thomas"もくっ付いてる。
で、そのクレジット上の5曲目はSam Riversの"Beatrice"と同じコード進行の曲。
タイトルは誤植かシャレか。
因みに最初にメンバー紹介のアナウンスが有るんじゃが、
ジュリアン・レイジよりジュリアン・ラージって書いたほうがより実際の発音に近い。

当然なんだけどジムホールのプレイはやはり全盛期とは程遠い。
それでも力を振り絞るかの様な渾身のプレイ。
例のコードプレイは勿論の事ワーミーまで使っての表現。
ジムホールは死ぬ間際まで攻めてたのだ。
追求してたのだ。
まさに胸が締め付けられる様な演奏だ。
そしてジュリアン。
時には寄り添い、時には奔放に弾きまくる。
ジャズギターのレジェンドに見守られのびのびとプレイする。
祖父と孫の様な2人がギターで会話してるのだ。
素晴らしいのだ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワーミー。
ジムホールはこれを小さなテーブルの上に置いて手で操作するのだ!



若干値上がりしたがまだ売ってる。



つい最近来日。ジュリアンのトリオ作。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。




COMMENT

こんにちは。いつも拝見しております。
このCD探してみましたが全然見つかりませんでした。サイトがあれば教えて頂けないでしょうか?
2017/02/05(日) 00:07:04 |URL|わかぞう #CYUHV/CE [EDIT]
僕はサイバージーカーぞと云う所買いました
2017/02/06(月) 13:57:28 |URL|ガーシャ #- [EDIT]
参考にします。ありがとうございます!
2017/02/09(木) 22:22:50 |URL|わかぞう #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK