「マイルス・アヘッド」観にいった

02-14,2017

正確には「MILES AHEAD マイルス・デイビス空白の5年間」と云う長いタイトル。



因みに映画の前昼飯として又も「めん喰」にて半チャンラーメンを食した。
最早映画の前の恒例だ。
そして更に上映時間まで少し時間があったんで、
近くのヤマダ電機のマッサージチェアーコーナーへ時間潰しに行った。
するとわしの二つ横のチェアーに大口開けてヨダレ垂らしながら爆睡してるオヤジがいた。
家電店のマッサージチェアーであそこ迄リラックス出来る人間がいるとは驚きだった。

話、映画に戻します。
今回も月曜メンズ割引きデー。
それもあってか予想外に客多し。
ジャズ不毛の地広島の何処にこれだけのジャズファンが居た?マイルスファンが居た?
わしが知らなかっただけで実は広島はジャズ先進都市だったのか?
そう思ったわしは思わずスクリーン前に立ちこう叫んだ。
「みなさん!そんなにジャズが好きならわしらのライブにも来てよ!
トランペットは居ないけどピアノは誰よりも唸り声上げるハービーみたいだし、
ベースは鼻息スンスンたてるホランドみたいだし、
テナーはハンチング帽被ったボブバーグみたいだし、
ドラムは遠くからわざわざ来てくれるディジョネットみたいだし、
ギターは毛髪量のみジョンスコにクリソツだからさぁ!」と。

映画は虚実織り交ぜ、
と云うか"虚"メインで進む。
ってか"実"の方もおそらく大幅に話を盛ってると思われる。
まぁ例えるなら「仁義なき戦い」みたいなもんなんだな。
マイルス役の男、顔は全く似てない。
が、ルックスは頑張ってる。
ちりちりカーリーのヅラにデカサングラス、サイケな衣装。
例のあの声に喋り方も相当研究してる。似てる。
ルックス合わせて確かに頑張ってる。
でも若干「コントか?」とも思う。
そしてマイルスの部屋に有る可愛い小型の3段積みマーシャル(ギターアンプ)や
ラストのライブシーンでハービーが弾いてる最新のデジタルキーボードを見た時の
「あんなのあの時代無かっただろ?」的な何とも言えん興醒め感。
とにかく観てる間中 心の中で色々とツッコンだ。
でも全て「まぁーまぁー映画なんだから」と云う事で納得した。
そんな感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サントラかっこ良かった。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK