このジャケ嫌い

02-16,2017

しかしいつも思うがこの一連のヴィーナス盤のジャケット如何にかならんか。
カッコいいとも思えんし売り上げアップに繋がるとも思えん。
ホントどう考えてもこれによってジャズ好きでも無いオッサンがスケベ心抱いて
「よっしゃ!一丁買ってみるか!」ってなるとは思えんでしょ?
それともただ単に担当者の趣味か。

201702160944141d0.jpg

Grant Stewart / Plays Jazz Ballads (2009年録音)

Grant Stewart (ts)
David Hazeltine (p)
Peter Bernstein (g)
Peter Washington (b)
Phil Stewart (ds)

例によって寺島靖国氏の偏見に満ちた微笑ましいライナー付いてます。

わしは当然ジャケ写に惹かれた訳じゃなく、
ギターのピーターちゃん参加が決め手で購入したんじゃが、
実はグラント・スチュワートも大好き。
でも当初ピアノ入りクインテットのバラードアルバムなんで購入を躊躇ったのだ。
「実はピーターちゃん1〜2曲しか参加してないんじゃないか?」
「全曲参加しててもソロは無いとか」と思って。
しかし予想はいい意味で裏切られた。
流石にピアノ入りのバラード演奏なんでバッキングの方は控え目。
でもソロは全8曲中6曲でとってる。
短いながらもそのどれもが秀逸!
良かった良かった。

しかしね、
本来ならばこういった情報はジャケットにしっかり明記して頂きたいんだな。
でも中々そう云うアルバムは無い。
それどころか参加曲すら書いてないアルバムがある。
買ってみるとお目当のミュージシャンの参加は1曲のみとか平気であるのだ。
よって今後もわしが聴いたアルバムに関してはこの辺りキッチリ書いていきます。
そんな訳でピーターちゃんファンでも案外このアルバムをスルーしてる人多いと思いますが
これは結構満足出来るんで是非一度聴いて下さい。
ヴィーナスなんであえてスルーしてるって人は無視して下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



読んでみたい本。





いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK