カイピはカクテル名(カイピリーニャ)だって

02-25,2017

カートの新譜。

20170225113921be0.jpg

Kurt Rosenwinkel / Caipi (2017年)

動画サイトやカートのサイトで発売前から試聴してたんで驚きは無いが
全編 歌もしくはヴォイスが入っとるブラジルテイスト溢れるアルバム。
歌入りで1曲辺りの時間が長くて6分台、よって必然的にジャズ度は低くなる。
でも旋律にはしっかりカートっぽさ漂うから不思議。
(1曲目とかメロだけ見ると"スターオブジュピター"に入ってそう)
あまり使いたくはないが説明するにはPMG(メセニーグループ)ぽいと云うのが1番早いかもな。
但し何度も書くがメロディはあそこ迄のポピュラー感は無く、あくまでカートっぽいが。

それにしてもこうしてサクッと聴いてると良い意味でスーッと流れるんじゃよな。
かけっぱなしでいける音楽。
ジャズ的緊張感はほぼ無い。
何処かのオーガニック系カフェのBGMでも全くおかしくない。
オシャレ度も高い。
わし的には何気に1番ロックっぽい6曲目の"hold on"って曲がカッコいいから好き。
そういやぁジャズラのインタビューで「今後この路線(6曲目の)を行くかも」って書いてあったから
それはそれで楽しみだ。
ちなみに海外盤全11曲(日本盤は12曲)中ソロは7曲で聴ける。
が、正直ギター度はそんなに高くない。
こう書くと「カートのギターだけ聴きたい」って人はスルーしそうじゃが、
今後カートのキャリアに於いて間違いなく重要な位置を占める事になるだろう盤なんで、
絶対に聴いておく事をオススメします。
この路線続けるともしかしてカートって
ジャズメンとしてはメセニー張りの超メジャーアーティストになるかもしれんから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はジャパンエディション)



この教則本は面白そう。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

好みがはっきり分かれるアルバムで、ブラジル・ミナスマニアの私はヘビロテ状態です。
4月のCaipiバンドのライブも早速予約しました。カートには申し訳ないですが、バックメンバーが観たいので^_^
2017/03/05(日) 11:15:43 |URL|Namy Hay #- [EDIT]
Namy Hayさんご無沙汰ですね。
コメントありがとうございます。
今回このバンドでカートは岡山にやって来るのです!当然行きます!楽しみですね。
Namy Hayさんは好きだろうなと思ってましたよ。
ところでブログ止めたんですか?
もう数ヶ月ずっと見れないですが…
2017/03/05(日) 11:20:55 |URL|ガーシャ #- [EDIT]
カート、岡山!
岡山まで来るのなら、広島まで来いよ、ですね。
来日メンバー、ベースのフレデリコ・エリオドロは、確かマイク・モレノがブラジルツアーした際のメンバーでした。
ペドロ・マルチンスはマイク・モレノのインスタにコメントをよくポストしていて、それで知りました。今作カートの右腕、まだ若いです。
で、ブログ、やめちゃったです。理由は単純に面倒になったので^_^
断捨離バッサバッサと潔くやってしまうのです、はい。
2017/03/05(日) 12:23:10 |URL|Namy Hay #- [EDIT]
広島はジャズ不毛の地ですからね。
ブログ残念ですねぇ。
またやる気が戻ったら是非復活して下さい。
2017/03/05(日) 13:45:11 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK