超久々に聴いた

03-01,2017

ベン・モンダー参加の2004年盤。

20170301144439b8e.jpg

Joshua Douglas Smith / Unstuck In Time (2004年録音)

Joshua Douglas Smith (ts ss)
Ben Monder (g)
Ron McClure (b)
Billy Hart (ds)

ジョシュア・ダグラス・スミス本人のオリジナルが4曲に
スタンダードの"I'll Be Seeing You" "Like Someone In Love"
エリントンの"African Flower"そしてショーターの"Toy Tune"で全8曲。
リーダー自体はまだまだ地味な存在じゃが
実はコンテンポラリージャズギターファンにとっては非常に貴重な名盤なのだ。
と云うのもスタンダード系は勿論の事、
オリジナルの方も4ビート中心、ウォーキングベースぶんぶんの
比較的オーソドックス(と言いつつ新しい感覚だけど)なジャズばかりなのだ。
そんなアルバムにあのベンちゃんが全曲参加。
これを貴重と言わずして何を貴重と言うのか!
と、興奮気味に宣言したが、しかしそこはやっぱりベンちゃんだ。
ユニークかつ独創的なコードワークで一気に一筋縄ではいかんムードを演出する。
聴き慣れたスタンダードも何処か違う。普通なのになんかどっか違う。
ベンちゃんの世界が広がる。
ピアノが居ないから余計ベンちゃんが全てを支配してんのだ。
勿論ソロの方も全曲とってます。
単純にアウトと言い切れない不安定かつ中毒性の高いプレイ。
独特な緊張感が堪らん。
このスタイルでスタンダード演られると余計そう感じるのだ。
兎に角全曲カッコいいプレイを聴かせてくれるが、
とりあえずベンちゃんのベストプレイをあげときます。
オリジナルのタイトル曲に3曲目のスローナンバー。
更にスタンダードの"Like Someone In Love"辺りかな。
なんにせよギターファン必聴。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK