危うくワンペア

03-21,2017

先週金曜日、
布川俊樹SJPトリオ(布川俊樹g、高瀬裕b、安藤正則ds)の院内コンサートに行ってきた。
「は?院内コンサートとはなんじゃ?」と云う方はこの記事を読んで下さい。
と、わしも今読み返したら前回はなんと4年前じゃないか!
「時の経つのは速いな…」と一人ちょこっと物思いにふけっちゃった(*´꒳`*)

20170321041939e91.jpg

しかし4年経とうがどうしようが会場(待合スペースじゃが)の雰囲気は全く変わらないのだ。
客は御老人メイン。
それ以外は中年男女(わし&連れ含む)。
病院の待合スペースに座ってるのが全く違和感ない程ピッタリマッチな人々。
ほぼそれだけで構成されてる。

そういやぁ、わしはよくイスラム帽と云うのをを被ってるんじゃが

20170321042040809.jpgこんなヤツ。

この日わしの真横に全く同じ様なイスラム帽被ったメタボで坊主頭、
更にメガネに髭面と云う、
文字だけで書くと「まるでわしそのものじゃないか!」と云うおっさんが座ったのだ。
運良くこの日は違う帽子を被ってたんで助かったが
下手すると"ペアのおっさん2人組"として布川さんに認識された可能性があった。
実際出掛ける寸前までそれ被って行こうとしてたからな。
ヒィ〜危ない危ない。

20170321041939a38.jpg

話戻ります。
そんな訳で
演奏の方も4年前と同じく大音量で長時間弾きまくると云う雰囲気では無い。
そんな事したら御老人方は眠ってしまう。
(実際かぶり付きのソファーに座ってた御老人3人組の内2人は1曲目から堂々と寝てた)
それに恒例の院長の歌も有るんでトリオでの演奏は必然的に短くなる。
(4曲だけだしソロも短め)
ここで念の為言っとくが決して院長の歌が聴きたく無い訳ではない。
実際嫌味なく柔らかい感じの歌はわし好みだし、
アンコールでギターとのデュオで唄った"酒バラ"なんてスゲー良かった。
(コードリハモもカッコ良かった!)
それはそれでいいのだ。
ただもう少しトリオも聴きたかったなぁ〜、
と言いつつ調べてみると今回広島市内でこのトリオが聴けるのはこの日だけだったのだ。
(福山ではあったみたい)
そんな贅沢言っては申し訳無い。
無料だし本当に有難い事なのだ。
来年も是非開催して頂きたいと強く思います。

追記
布川さんの使用ギターはお馴染みのアーガスのセミアコとヤマオカのフルアコ。
ヤマオカは以前使ってたのと違うタイプの物だった。
その他機材は同じ。但しワーミーが追加されたいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伝説の教則本。



これも話題。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK