タツローライブに行ってきた

05-30,2017

約1年半振り、恒例の山下達郎のライブに行ってきた。
わしが行ったのは広島2DAYSの2日目、5月28日日曜日。

201705301447382ff.jpg

転売対策で写真入りの身分証明書で本人確認し入場。
(これはいい対策)
今回は会場に予定より早く着いたのでグッズも先行販売でゆったり買えた。

201705301449158cc.jpg
Tシャツ。

20170530144917b13.jpg
タオル。これプラス公演パンフレットを購入。

更にそこからCD販売の列にも並び先着のサイン色紙もゲット。
(買ったCDは"ビッグ・ウェイブ"の30thエディション)

20170530144917b48.jpg

席は前から13列目。
結構左寄りの席だった為、佐橋ちゃん(ギター)のアンプや脚元は一切見えず終い。
ギターは何時もの赤いストラトにグレーっぽい青のメーカー不明のストラトを使ってた。
タツローはいつのもギターにShinosのアンプ。
そしていつもの服装にニット帽。
脚元は見えず。

そうだ、
そんな事よりわしの前に座っておっさんが問題だったのだ。
ボサボサの鳥の巣みたいな頭髪でタツローの姿にその鳥の巣が綺麗に被るのだ。
気になってしょうがなかった。
結局その鳥の巣に馴れるまで3曲分の時間かかった。
皆さん。
ライブや芝居観に行く時は髪くらいといて行きましょうね。
後ろの人が困るから。

しかし、会場をじっくり見渡すとこう云う鳥の巣状態の頭髪も多かったが、
なんとハゲの多い事。
もうあちこちに綺麗なゲーハもしくは超薄毛ゲーハ予備群がいるのだ。
(わし含む)
タツローライブの平均年齢の高さがこう云う所にもしっかりと現れてる。

そういやぁ、トイレもそう。
この前のジェフ・ベックの時もだったが(この記事参照)
それ以上にトイレに立つ人多数。
もう引っ切り無し。
常に誰かが席を立ってる感じだった。
皆年だからしょうがないねぇ〜と言いつつ、そうなると当然ツレもそう。
この人は映画だろうが何だろうが必ず途中トイレに行く。
今回もライブ開始10分前にトイレ行ったにもかかわらず、
ライブ開始30分で再びトイレに行った。
そして慌てて帰って来たはいいが脚元に置いてるチラシに足を取られ
よろけながら自席ではなく肘掛けに置いてるわしの手の上に思いっきり体重をかけ座った。
尻によるプレス。アンドレ・ザ・ジャイアント並みのヒッププレス。
巨大なケツと肘掛けにサンドされたわしの右手中指はみるみる内に腫れていった。
誰も居なかったら「クソ痛いのぉーこのバカタレが!」と叫ぶ程の痛み。
でも周り人だらけなんで我慢したけど。
(帰りご飯食べに行った時には治ってた)

歌に演奏。
これは今回も絶好調だった!
特にマッチ(近藤の事ね)に提供した"ハイティーン・ブギ"!
このアイドルヤンキー歌詞の曲を一切恥じらう事無く全力で歌い切ったのは流石だった。
ウケまくりつつ大喝采を浴びてた。
(ついでに「マッチでぇ〜〜っす!!!」とモノマネしてくれたらより完璧だった)
タツロー達のプロ意識と演奏能力、そして年齢に負けない若さ、
タツローのライブを観たらいつも
「わしだって還暦過ぎてもガンガン演奏するぞ!」と元気が出てくるのだ。
上手くいけば来年の前半にはオリジナル・アルバムがリリース出来そうらしい。
うう!
是非ともこれまでのように延期延期とならないよう願いたい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビッグ・ウェイブ30thエディション。
ボートラでわしの大好きな曲"Only With You"の
ギターインストバージョンが入ってるのが嬉しい!



ジャズも一枚。
マシュー・スティーブンスの新譜。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK