ギリシャの人パート2

06-09,2017

前作がかなり気に入ったのでこれも引き続き購入。
ペトロス・クランパニスの新譜。今回はライブアルバム。
(前作はこれです)

201706091546154e3.jpg

Petros Klampanis / Chroma (2015年録音)

Petros Klampanis (b)
Gilad Hekselman (g)
Shai Maestro (p)
John Hadfield (ds,per)
Keita Ogawa (per)
(弦の方々は割愛します)

ピアノが新進気鋭のシャイ・マエストロに変わり、
新たに日本人らしきパーカッションも加わる。
弦もヴァイオリンが2名増えて計8人体制。
と、メンバーに若干の変化はあるがサウンド的には前作から同じ流れできとります。
ギリシャ人らしい旋律を持った変拍子多めの非4ビートなオリジナル。
ストリングスの音色が緊張感を高め、アドリブの中心はシャイちゃん&ギラッド。
弦が入っていようと決して甘くなる事はないしソロ取ったりもしない。
オリジナリティ溢れるコンテンポラリーなジャズ。

次曲へのイントロ扱いの1分ちょっとの曲を入れて収録曲は全7曲。(よって実質6曲)
ジャケットにはトータルタイム51分49秒と書いてあるが実際は44分32秒。
ちょっと短く感じるがギラッドのソロはたっぷり聴ける。
1曲で歪みを使い、後は空間系エフェクトを深めにかけたクリーンで。
わし的ベストなソロは5曲目かな。カッコいいです。
前作同様気に入った。
が、個性的なサウンドなだけに余り同じ様な感じでいくとマンネリ化しそうだ。
次作はどうする?
もう一枚位このままいくか?それとも変わるか?
オリジナル曲の作風が結構好きなんで非常に気になるとこだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK