続編なのです

06-20,2017

ダイナ・ステファンスの新譜は2014年末にリリースされた"Peace"
(この記事参照)の続編的アルバム。

20170620090927f93.jpg

Dayna Stephens / Gratitude (2017)

Dayna Stephens (ts,bs,ewi)
Julian Lage (g)
Brad Mehldau (p)
Larry Grenadier (b)
Eric Harland (ds)

今作も"Peace"もレコーディング日がクレジットされてないので
真相は定かでないがおそらく同じ日に録音されたと思われる。(完全に感だけど)
よってこれも同じくバラードアルバム。
前作はバラードアルバムにしては予想以上にギターの露出が多く
わし的に嬉しかった。
が、今作はある意味予想通り。
前作よりは露出控えめだ。
全9曲の内ジュリアンちゃん参加は5曲でソロは3曲。
バラードアルバムなんだからこんなもんだろう。
しかし前作同様ギター好きならばジュリアンちゃんプレイには惚れ惚れするのは間違い。
引き出し多過ぎのジュリアンちゃん。
バラードバッキングでこれだけ聴かせるのは反則級だ。

収録曲は前作の方がポピュラーかな。
今作はアーロン・パークスやメセニー、レベッカ・マーチン等意外性のある選曲が目立つ。
ジュリアンちゃんのオリジナルも1曲。
よって正確に言うとコルトレーンのバラッドの様なベタなバラードアルバじゃないんだな。
バラエティ豊かなスローテンポの曲を集めたアルバムと云う感じ。
ジュリアンちゃん不参加の曲でもメルドーがカッコいいので満足感は非常に高い。
オススメします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK