拝借するぞ

07-27,2017

この間のライブでも演奏したんじゃが"Invitation"と云う曲が好きだ。
スローからアップテンポまでどんなテンポでも良いし、
ボサノバから4ビートまでどんなリズムで演ってもカッコいい。
難曲じゃがコード進行もアドリブする上で凄く面白い。
しかもギターデュオからジャコの様なビッグバンドまでどんな編成でもキマる。
えぇ〜、食材に例えると何かな?
大根とか?ちょっと地味か?
でも大根って煮ても炊いても焼いてもいけるし、
更には生で擦りおろしたって刺身のツマだっていけるじゃん。
うーむ…イマイチ説得力に欠けるが、
まぁ〜とにかくどんな風に料理しても美味しい曲なのだ。
そんな訳で当然名演も多いが、このアルバムのバージョンは特に好き。

20170727062615c72.jpg

Ralph Bowen / Soul Proprietor (2001年録音)

Ralph Bowen (ts)
John Swana (tp)
Peter Bernstein (g)
Sam Yahel (org)
Brian Blade (ds)

テンポは比較的遅め。
浮遊感のあるラテンフィールのテーマ部。
2管で奏でるテーマに絡むギター、怪しくモーダルなオルガン。
そのままの雰囲気を維持したままソロはテナーからペット。
両者ともグイグイとアグレッシブに攻めてくる。
そしてソロ3番手でギターのピーターちゃんが登場。
ここでそれまでのムードからスッと倍テンの4ビートに変わるのだ。
ここっ!
ここがもぉ〜鳥肌立つ程カッコいい!
メンバーのアイコンタクトが目に浮かぶ。
自慢じゃないが何度も何度も聴いてるのにその都度ここで鳥肌立ててるのだ、わしゃ〜。
で、ピーターちゃん節てんこ盛りの極上ソロから元のリズムに戻ってエンディング。
いやいやいやいやぁー毎度の事ながら参った!これぞ新生ハードバップ!
今度自分のライブでこの曲を演る時は忘れずに絶対このパターン拝借しよ。

その他ラルフちゃんオリジナル(5曲)もどストライクなハードバップナンバー。
管が2人居るんだからこうじゃないとな。
スタンダードの"My Ideal"も素晴らしい。
ジョーヘンの"Inner Urge"のハードボイルド感もたまんねっす。
ラストの"Peace"(テナーソロ)を除き勿論全曲ピーターちゃん大フューチャー。
バップってるピーターちゃん最高!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。


COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK