ジャズ弾いても名手

08-12,2017

チャック・ローブのオルガントリオを主体にしたアルバム。

201708120807028f6.jpg

Chuck Loeb / Place'n'Simple (2011)

Chuck Loeb (g)
Harvey Mason (ds)
Pat Bianchi (org)

上記のメンバーメインでプラス所々ゲストが加わる。
ヴォーカルが2人(1曲は嫁さん、もう1曲は娘)、
ウィルリーが1曲でベース、パーカッションが2人、
菅入りの曲も2曲。
チャックちゃんといえばスムースジャズの名ギタリストだが、
これはメンバー編成からも想像付く様にがっつりジャズ寄りのアルバム。
てか今回便宜上フュージョンにカテゴリーしてるがこれ内容は普通にジャズ。
是非ともジャズギターファンの方に聴いて頂きたい。
(ラスト曲はスムースジャズテイストの佳曲なんでそっち方面ファンの方も是非)
収録曲は"Skylark"と"E Com Esse Que Vou Eu"
そしてハービーメイソン作の2曲以外はチャックちゃんオリジナル。
全12曲の満腹アルバムだ。
チャックちゃんのオリジナルはジャズオルガントリオの伝統に則った
ファンキーでスインギーな曲調がメイン。
ノリノリがメインちゅー事。
そこにチャックちゃんの端正かつ粋なギターが乗っかる。
当然だがチャックちゃんはどジャズ弾いてもくそ上手いのだ。
高速マイナーブルースの#7カッコええです。
あとスローボサやバラードを弾かせてもとにかく良く歌う。
サラリと弾いてるが上手さがひしひしと伝わってくる。
リトナーやカールトンの後釜でフォープレイに加入したが、
あの2人より東海岸ぽいからこんなサウンドも結構しっくり来てるのだ。
実際そっち在住みたいだし。
忘れるところだったが娘(Lizzy Loeb)が歌う"Skylark"も絶品。
わしよく知らんのじゃがこの娘今何してる?もう有名なってる?
そういやぁジャケ写ではサドウスキーのストラト型ソリッド弾いてるが、
実際の出音は箱物アーチトップの様なウォームなサウンドなのだ。
てか、これ本当にサドウスキーのソリッドなのか。
曲によって使い分けてるんじゃないのか?
サドウスキーのフルアコも持ってるじゃん。

それにしてもまだ61歳だったとか。
早過ぎる。
ご冥府をお祈りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK