味な人

09-12,2017

先日ウォルター・ベッカーが亡くなったと云う事で
今日はこれを取り上げます。

20170912085037288.jpg

Steely Dan / Eberything Must Go (2003年)

わしが思うにスティーリーダンの全スタジオ作品の中でこのアルバムが
一番ウォルターベッカーが表に出てるんじゃなかろうか。
勿論他の全てのアルバムでも重要な役割担ってるんじゃろうが
基本この人ドナルド・フェイゲンに比べかなり地味に裏方の人じゃん。
わし初来日した時福岡まで観に行ったがその時も正直ドナルドフェイゲン程印象残ってないし。
でもこのアルバムでは実際の露出として全曲ベース弾いてるしギターも沢山弾いてる。
更には1曲でリードヴォーカルもとってる。
しかもベースに関しては元々がベーシストなんで当然と言えば当然なんだが
リードギターの全てを本人と云うのが珍しい。
基本スティーリーダンのアルバムは楽器のソロは多彩なゲストがとってると云う事が多いから。
それがスティーリーダンの魅力だし。
しかし逆にこのアルバムは
曲毎にミュージシャンが変わると云うこれまでのスタイルでは無く
基本固定メンバーで録音されているのだ。
だからそう云うの目当ての人はガッカリするかもしれない。
でもこのバンド感、サックリ感、スッキリ感、決して悪く無いのだ。
と云うかはっきり言って良い。
しかもわし的にはウォルターベッカーの味のあるヘタウマギターかなり好きだし。
と言いつつわしも最初聴いた時はそんな理由で若干地味だなと思ったのだ。
豪華なミュージシャンを贅沢に使って欲しいなとも思った。
しかしじっくり聴くとスティーリーダンの本質はそれまでと全く変わってない事に気付く。
スティーリーダンの良さはそんなところでは無いのだ。
そしてウォルターベッカーの弾くギターの良さも再発見する。

それにしてもこの前のチャックローブといいこの人といい60代で亡くなるとは…
まだまだと思いつつもうなんとなく他人事では無い気もする。
自分ももう若くはないのだ。
最後にウォルターベッカーの歌う"Slang Of Ages"貼っておきます。
ご冥府をお祈りします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



この本面白そう。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。


COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK