おっさん集合

02-06,2017

ちょこっと間が空いたが先週Jeff Beckのライブに行ってきたので記録しときます。



念のため言っときますが貼り付けてる動画は別のものです。
でもおおよそこんな感じだったので参考までに。(衣装も同じだった)
広島でも動画はNGだったがスマホの写真は黙認状態。
皆演奏中も撮りまくってたがわしはガラケーなので無し。

ジェフ・ベックが広島に来るのは恐らく2000年、2005年に次3回目。
(わしは全て行ってる)
12年経ったぶん当たり前だがジェフベック本人もファンもそれだけ歳をとってる。
ジェフベックは既に70超え。
そしてざっと見た所観客の平均年齢は雄に50越え、
いや…下手すると60いってたかもしんない。
明らかにわしよりオヤジ臭撒き散らしてるおっさん連中が大挙集合してたのだ。
(少ぉ〜しだけ居た女性もほぼ超熟)
その証拠に演奏中もトイレに駆け込む者多数。
これは若者メインのライブ中には無い現象だろう。
しかし平均年齢60越えのジェフベックライブでは様子が違う。
年取るとトイレが近くなる。
よって演奏中だろうがなんだろうがガンガン行く。
引っ切り無しに行く。
ドア前に座ってたわしの真横を次から次へと尿意を抱えたオヤジが駆け抜けた。
「もぉーちょっとは落ち着いてよぉ」とか思ってたんじゃが
わしも開演前と後、計2回トイレに行ったのだった。
わしも立派におっさん連中仲間だと云う事が証明された。
あ、そういやぁ連れが言ってたが年末のユーミンのライブも同じ感じだったらしい。
皆ガンガントイレ行くって。
あっちも相当平均年齢上がってるんだろうな。

それと12年前は1曲目から皆立ち上がってたが
今回は最後のアンコールまで全員座ったままだったのが印象的だった。
皆年取って足腰にきてるのか拍手は大きいが一切立ち上がらない。
数人が一生懸命立ち上がっても周りのおっさん連中一切無視。
立ち上がってた数人は周りを見渡し寂しく座ると云うパターンを数度繰り返し、
最終的に諦めた。
でも結局同じく腰の悪いわしにはその方が有り難かった。
後、観てて何となく感じたんじゃが、
観客の多数は今のジェフベックの予備知識無しで来てたんじゃなかろうか。
「ブロウ・バイ・ブロウ」や「ワイアード」の頃のイメージだけ、
せいぜい80年代半ば位で情報の止まったおっさん連中が
「広島でジェフベック見るのも今後もう無いかもしれんから…」
と云う理由だけで来てたんじゃなかろうか。
だからいきなりオープニングで客席から拡声機持った女が唄いながら登場して来たから驚いた。
あの時わしは確実に「え?何これ?」と云う会場のムードを感じとった。
まぁでも徐々に慣れてたけどね。

しかしジェフベックも若い女の子に囲まれてツアーしてそりゃ〜楽しいじゃろう。
(ボーカルが女とおっさん2人、ベースにサイドギターも女の子、ドラムは黒人大男、計6人)
わしもわし以外全員可愛い女の子と云うカルテットやりたいで!
美女20人越えのビッグバンドでもええよん!
しかしあのヴォーカルぴょんぴょん跳ねて可愛かったな。
ベースもクソ上手かった。
サイドギターもええ味出してた。
最後にジェフベックのギター。
白のストラト2本(メインはレフティ用のネックを付けたの)
白のテレキャス、スライドで使った箱型のよう分からんギターの計4本使用。
ストラトのハイポジションの音が最高だった。
ジェフベックモデル欲しゅうなったでい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新譜これ。



わしら世代はやっぱりこっちか。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ご機嫌なオッサン

09-26,2016

久々にライブ観に(聴きに)行ってきた。
行ったのは本通りにある某ジャズクラブ。
ここに来る事事態超久々。
因みに同じビルにラーメンの一蘭があるのでライブ前これ又超久々に食べた。
非常に旨かったが値段高し。高過ぎる。
味としての満足度は高いがコスパ悪過ぎ。
しかし旨いから困る。

話戻ります。
ライブのメンバーはTony Monaco(org)
小沼ようすけ (g) Gene Jackson (ds)からなるオーソドックスなオルガントリオ。
実は前日のショック(カープのCSチケットが取れなかった)を引きずり
テンション駄々下がりで行ったのだがこれがまぁー楽しいライブだった。
特にオルガンのトニーさん。
このオッサンがまぁ〜始終ご機嫌でノリノリ。
それ見てわしまでご機嫌でノリノリ。
しかしジャズミュージシャンの中でもこれだけ演奏中動き捲る人中々いない。
とにかく落ち着きがない。
地団駄踏むかの様に足をバタつかせ大股広げて片足をグイーンとあげながら仰け反る。
全曲それ。
最終的には自分が放り投げた老眼鏡を自分で踏んで壊してた。
そして顔。
まさに百面相。
目を閉じ大口開けて「あぁぁぁぁああああああー!!!」なエクスタシー的表情。
白眼で「いくぅぅぅぅぅぅぅうううううー」」的恍惚の顔。
瞳孔開いて半口でヨダレを垂らすトリップ状態な顔。
この人案外セックス中もこんなんじゃないか。
わし演奏中このオッサンの顔見ながら完全に笑ってました。
逆にジーン・ジャクソンはほぼ無表情だったな。
しかしそのドラミングは圧巻。
わしは最前列のど真ん中に座ってたんじゃがクソカッコ良かった。
それに結構ビシバシ叩いてたが不思議と全くうるさく感じないのだ。
逆に心地いいくらいだった。
小沼さんはジャジーなプレイよりファンキーでパーカッシブなプレイが際立った。
このトリオでのプレイだけがそうなのかもしれんが
昔よりどんどんシンプルに、ペンタ中心のフレージング。

演奏曲はほぼアルバムから。
そう云えばレオンラッセルの"a song for you"を演ったんじゃが、
オルガンのイントロから、さぁーギターのメロへと小沼さんへ目を移したところで
トニーのオッサン自ら歌い出したのも笑えた。
(お前が歌うんかぁ〜いと心の中で突っ込んだ)
確かもう1曲コルコバードも歌ったな。

201609261322481e9.jpg

完全に元気を貰ったんで当初買うつもりは全く無かったがCDも購入。
サインまで貰った。
トニーのオッサンもジーンジャクソンもいい人柄だった。

20160926132501cd3.jpg

小沼さんの使用ギターはギブソンのES-275。
最近のメインだ。
エフェクターはペダルトレインに乗っけてたが固定してないらしく
ただ雑に置いてただけ。
しかし頻繁に入れ替えるならこう云う使い方もありか。
マジックテープでがっちり固定したら入れ替えるの面倒だからな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新譜これです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

今年もたっつぁん!

12-19,2015

ここんとこ毎年恒例、山下達郎のライブに行ってきた。
(広島では12月16と17の2日あったのだがわしは17日に行った)

201512190120149f3.jpeg

去年は7月29日、しかし今年はクリスマス1週前。
「クリスマスイヴ」聴きたいファンにはまさにベストな時期。
しかも今回はタツローデビュー40周年と云う事でヒット曲を満遍なく演奏。
(去年はマニアックツアーだったからそもそもクリスマスイヴとか演奏せんかったけんね)
誰しもが楽しめるセットリストだったのではないでしょうか。
隣の席の人に悩まされる事もなかったし。(この記事参照)
でもマニアックツアーはわし的には好き。またやって欲しい。
と云う訳で昨日の感想及び気付いた事を箇条書きにしてみます。
ではどうぞ。

・タツローのライブは基本終盤まで一切立ち上がらない中高年に優しいライブなのだが、
一昨日は1曲目から立ち上がって躍り狂う者約1名(女)

・しかもこの者の席最前列。

・更に誰も追従しないのに1曲踊りきった。1700人の中で一人。物凄いメンタル。

・中盤タツローにイジられても再び立つ。こ奴のことをメンタル2号と名付けたい。

・タツローの使用ギターはいつもと一緒。
(ブラウンのテレキャスにチェットアトキンスモデル)

・服装も一緒。(原色系シャツにジーンズ)

・ニット帽も一緒。

・顔も一緒。

・いや待てよ…若干太ったか?

・でもどっちにしろやっぱスッピンのオカマ系。

・アンプも一緒のshinos。だが個体は変わった様な気がする。

・ゴジラもちゃんと置いてあった。因みにわし同じの持ってます。

・バンドメンバーも一緒。

・だがコーラスの女性二人が変わった。

・ギターの佐橋さんは太った。幸せ太りでしょう。

・佐橋さんは小太りの稲垣潤一といった風貌。

・佐橋さんのギターを抱えるポジションは低過ぎ。

・佐橋さんのギターは赤いストラトにシャンパンゴールドのストラト。

・アンプは変わった。でもshinos。

・残念ながらタツローの足元も佐橋さんの足元も見えなかった。

・但し佐橋さんの足元にアニーボールのvolペダルがあったのだけは見えた。

・タツロー40周年記念Tシャツは生地がいい感じ。(タツロー君の柄のヤツ)

・メタボならLを買うべし!

・難波さんはやっぱりオネエぽい。

・わしの前列に終盤客席が全員立ち上がっても一切無視して座ってるご高齢の男性が。

・立ち上がったわしの股間下辺りにその男性の綺麗なハゲ頭が。

・持ってた双眼鏡置き場にちょうど良かったんでそっと置きました。(嘘です)

以上!終わり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名盤ソングス40周年エディション。



サックスの宮里君のセカンドアルバム。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

初生

10-30,2015

昨夜、田口悌治さんのライブを聴きに行った。
えぇー念の為説明しますと田口さんとは、
福岡と東京を中心に全国で活躍するジャズギタリストです。
ぶち上手い人です。
わしはずーっと、ずーっと、生で聴きたかったのだが、
残念ながら今までチャンスが無かった。
しかし今回やっと生田口さんを聴けた。
生田口さんに会えた。
しかも王道のギタートリオだ!
(他のメンバーは丹波肇 b 、上村計一郎 ds)
わしが大好きな編成だ!
「わしゃ這ってでも行くぞ!」と勢い込んで出かけたのだが、
開演時間になっても客はわし入れて2人だった…
まぁ、そうはいっても
最終的にはそこそこ入ったんでマスターも、当然田口さん達もホッとしたんだろうが、
わしゃ、マジで「すみませんねぇ…わしら二人の為に…」と云う、
なんか非常に申し訳無い気持ちに支配されかけてた。
ほんに良かった…その後お客さん来て。

20151030132140d6e.jpeg

20151030132139833.jpeg

演奏曲は田口さんのオリジナルが1、
誰か忘れたがアルゼンチンのギタリストのオリジナルが1、
アバクロの"Ralph's piano waltz"
その他は全てスタンダード。
もう初っ端(all the things you are)からクッソカッコ良かった!
田口さんのプレイは曲によって色々なギタリストの影響が伺える。
が、全体的に聴くと誰と云う訳でもない独自色。
不思議に思って直接本人に聞いてみると、
ウエスやジムホール、マルティーノなど一通りよく聴いたらしいが
あまりコピーはした事ないらしい。
でも曲によってプレイを変えるのは狙ってると仰ってた。
そう云うのが楽しいと。
うーん!この気持ち分かる!

20151030132102866.jpeg

201510301321025a8.jpeg

田口さんの使用ギターはギブソンのES175(1953年製)
物凄い風格。

20151030132100c92.jpeg

175はデジテックのマルチからAerのbingo2に。
多分マルチは何かのアンプモデリングだけ使ってたと思われます。

2015103013205954d.jpeg

ガットはヤマハ。多分C-300

20151030132101562.jpeg

こっちはBOSSのAD-5からPAに。

とにかく久しぶりに良質のギタートリオを堪能した。
大満足だった。
東京や福岡では日常的にこんなの聴けるのだ。
ほんに羨ましい。
広島にも年1でいいから来てね。
儲かんないだろうけど…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

田口さん今現在の最新作は歌モノ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

trigraph観た聴いた

09-23,2015

一昨日trigraphのライブを観に行ってきた。
当然ギターの馬場(孝喜)ちゃん目当て。



実はこのバンドの事はyoutubeでチョロっと見ただけで、
ほぼ何も知らなかった。
だけど悪くなかった。
ってか、結構好きかも。
いやハッキリ好き!
だからCDも買った。(メンバー全員のサインも貰った)

2015092307394740d.jpg

CDではカバー4曲にオリジナルが6曲。
ライブでも新曲含めオリジナルの方が多かった。
メンバー全員基本はジャズメンなのだから演奏も歌もぶち上手いし
大胆なアレンジで聴かせるスタンダードなどは勿論良かった。
しかし聴いてると案外ジャズ的要素ほぼ皆無のオリジナルが良いんだな。
(と云いつつ馬場ちゃんは何気にカッコいいコード押さえてたりするけど)
もうね、
「今後一切ジャズ要素取っ払ってこっち方面のみで行ってもいいんじゃなかろうか?」
と思う程のクオリティでした。
と云いつつやっぱわし的には馬場ちゃんは気になるんで、
一応ソロだけは全曲弾いて欲しいけど。
ま、とにかく「ジャズメン達が本気で演るポップス」
と云う感じで今後も気負い無く、
ジャズファンを余り意識せず続けていって貰いたい。
どうでしょう?

20150923063001d4d.jpg

最後に馬場ちゃんの情報。
馬場ちゃんの使用ギターはアーチトップトリビュートのAT202MDでした。
最近同じくウォーキンプロデュースのウェストヴィルに変えたのかと思ったが
また戻ったのかな?

20150923062711120.jpg

エフェクターはアイバニーズのTSとLINE6のディレイ、
BOSSのボリュームペダル(わしと一緒)

20150923062728353.jpg

曲調に合わせてなんだろうけど結構センターやリアポジション使ってました。
ロック調の曲でのバッキングパターンとか聴いてると実は馬場ちゃん
中坊の時とかヴァン・ヘイレンコピーしたりしてたんじゃなかろうか?
多分馬場ちゃんハードロックも上手いよ。何となくそう感じた。
オープニングのちょっとメセニーチックな曲のソロもカッコ良かったなぁ。

あと柔らかいピッキングで綺麗な音出してたんで何のピック使ってるのか質問したら、
フェンダーのティアドロップ型のエクストラヘビーだって教えてくれました。
それの尖った方じゃなくて丸い方で弾いてるらしい。
これ又メセニーみたい。

そしてしっかり馬場ちゃんのリーダーアルバム"gray-zone"と、
西山瞳さんとのデュオアルバム"astrolabe"も持って行き、
それらにもサインをゲット。
西山さんのアルバムに書く時、遠慮してかジャケ裏に書こうとしたんで、
表へとお願いした。
いつか隣に西山さんのサインも貰おう。
と、ココでそれらサイン入りのジャケット写真を入れようと思ったんじゃが、
ガッツリわしの本名が入ってるのに今気付いた。
だから写真はなし。

ライブ終了後、
「セカンドアルバムリリースとギタートリオでの広島ライブを期待してます」
と伝え帰宅。
馬場ちゃん(早苗ちゃんにれいかんちゃんも)は人当たりも凄く良かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

馬場ちゃん唯一のリーダーアルバム。



馬場ちゃんのギターデュオDVD



西山瞳さんのastrolabe



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
バナーのクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ