筈だった夜

02-20,2018

昨日ライブの筈だった。

演奏曲は…

1st set

1 All The Things You Are
2 If I should Lose You
3 Just Friends
4 Sofisticated Lady
5 Windows

2nd set

1 Sugar
2 I Should Care
3 I Hear Rhapsody
4 In A Sentimental Mood
5 Straight No Chaser

の予定だった。

20180220023312afd.jpeg

ギターは今年初めて使う335。
ライブの前はちゃんと弦も張り替えてと!
あっそういやぁこれ読みながらピックアップ高調整したんじゃが、
なんか更に良い感じになった気がする。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エレキギター好きにはこのムックは堪らん感じ。
買おう!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ヴィックちゃん新譜

02-19,2018

ヴィック・ジュリスの事ね。

20180219154735002.jpeg

Vic Juris / Eye Contact (2016年録音)

Vic Juris (g)
Jay Anderson (b)
Adam Nussbaum (ds)

以前も書いたがヴィックちゃんは何気にコンスタントにアルバムをリリースしてくれる。
そしてそのどれもが高水準をキープ。
安心安定の良いプレイを確実に聴かせてくれるのだが、
結論から先に書きます。
今作はその中でもトップクラスに気に入った!
個人的な好みもあろうが、
これだからこの人のアルバムはスルー出来んのだ。

収録曲は自作が2曲にスタンダードやジャズメンオリジナルで全11曲。
前作(この記事参照)はスタンダードをゲストも迎えてトリオ他色々な形で聴かせてくれたが
今作はトリオがメイン。
(その他はベース、ドラムとのデュオがそれぞれ1曲づつだけ)
当然どれもが安定のクオリティでカッコいいんじゃが、
敢えて好みを上げます。
先ずは#2の”Ruby”に
有名バラードの”I Fall In Love Too Easily”
ジャズメンオリジナルではショーターの”Pinocchio”
更にちょっと速めで演奏するビル・エバンスの”Time Remembered”も良い。
わしも今度このテンポで演ってみよう。
オリジナルではタイトル曲も良いが、ここは敢えてのアコギとベースとのデュオ#5で。
ここ数作同じメンバーで録音してるのでどの曲も相性バッチリ。
これも高いクオリティを保つ理由か。

それにしてもヴィックちゃん。
今年御歳65だ。
教育者としても活躍してるみたいだしライブ活動も活発にしてそう。
これからも益々頑張って頂きたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はダウンロード版)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

「スリービルボード」観に行った

02-17,2018

今回はツレも一緒。
行ったのは自宅から最も遠いシネコン。
そこと八丁堀のサロンシネマしかやってないので仕方ないのだ。
(シネコンだと駐車場が無料)



シネコンへの道中に親父の墓があるので先ずは映画の前に墓参り。
そこからシネコンのあるモールへは10分程。
着くと速攻で床屋へ行き散髪だ。
3ミリの丸坊主にする。
その間ツレはATMで何やかんやすると云う計画。
しかし平日の午前中にもかかわらず行列。
それも老人のみ。

映画の感想。
100点。
ネタバレになるんでザックリしか書けんけど
序盤からの丁寧な人物描写とストーリー上の小さな伏線が
終盤に向け一気に解決!では無く、
サラッと往なされるのがある意味快感。
あれもコレもそんな単純なもんじゃないし、
物事そうは都合良くは進まない。
そう思いつつからのラストシーン。
鑑賞後食事しながらツレとも話したんじゃが色んな意味が取れる深い台詞。
そこから全てを振り返ると更にやっぱり人間って単純では無いと気付くのだ。
うーん…意味不明でスミマセン。
でもそんなところが面白い映画。
しかし映画館も老人多かった。
食事の後はショッピング。(ツレの)
可愛い帽子と可愛い春物アウター買ってツレは超ご機嫌だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディメオラ新譜。(右はアナログ盤)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

浸れる空気感

02-13,2018

ボビー・コールドウェルのプロジェクト”Cool Uncle”で
久々に声聴いたデニース・ウィリアムスのAORテイスト溢れる名盤!

20180213162609fa1.jpeg

Deniece Williams / When Love Comes Calling (1979年)

プロデューサーにレイ・パーカーJr.とデヴィッド・フォスターの2人。
バックミュージシャンはその2人を筆頭に
TOTOノロ面々(ルカサー、ハンゲイト、ポーカロ兄弟)
エド・グリーンやビル・チャンプリン等。
更に録音されたのは70年代後半。
まだこれ聴いた事無い好き者の貴方。
これだけでもう音の方も想像付きますね?
はい。それ当たってます。
そんな訳で特に書くことも無いんで1番好きな曲貼り付けます。
うーんと、やっぱベタにフォスタープロデュースのタイトル曲かな。



いやぁー!!!やっぱええわ!
まさにエア・プレイとEW&Fの良いトコどりみたいな名曲!
ラストのこのバラードもモロそんな感じ。



それにしても全編に溢れるこの空気感!
この時代特有のこの空気感だけは今いくらこれ真似しようとしても絶対に出ないんだな。
マジで何じゃろコレ。
ほんと一瞬にしてこの時代の雰囲気に戻れるのだ。
不思議。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

リラックス盤

02-07,2018

スティープルチェイス45周年と云う事で
去年の11月最新リマスター再発されたホレス・パーラン作品。
勿論ダグ・レイニー目当てで購入。

2018020712014978f.jpeg

Horace Parlan / Hi-Fly (1978録音)

Horace Parlan (p)
Doug Raney (g)
Wilbur Little (b)

実はこれ初めて聴いた。
今回再発されてなければ死ぬ迄聴かず終いだったかも。
良かった。

おそらくレコードではA,B面合わせて6曲だった筈。
それがCDでは各曲丸々2テイクずつ収録されてて全12トラック。
トータル72分24秒。
レコードで持ってる人も買い替えて損は無いと思われる。

収録されてるのはタイトルを始め曲モンクの“round midnight “や
ジョビンのボサ”once I loved”ウエスのブルース、スタンダードなど。
全て有名曲で占められてる。
何も決めずサクッとスタジオにやって来て、サクッと演奏。
予定の6曲録り終えてもスタジオのレンタル時間はまだたっぷり残ってる。
よって「時間有るしもう一回ずつ演る?」となってもう一回最初から。
そして終わると「ハイ。お疲れ」と打ち上げもせずあっさり家に帰る。
そんなリラックスしたムード漂う好演が並ぶ。
みんな笑顔で演奏してそう。
それに個人的に最近このピアノ、ギター、ベースと云う編成で演奏する機会が多いので
そう言った意味でも聴き応え充分なのだ。
ピアノのバックでギターが4つ切りばかりしてるって事が無いのも良いんだな。
でもダグのコードとホレスちゃんの左手がぶつかる事は無い。
この2人はしょっ中一緒に演ってたからその辺も相性良いんだろう。
テーマ担当もピアノ、ギターとも同じくらい。
全編に渡りどちらも主役と言って差し支え無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。