2大ウネウネ

09-08,2017

久々の更新だが今回もアバクロ。
ウネウネ界2大巨頭の共演アルバム。

2017090815572532e.jpg

John Abercrombie & John Scofield / Solar (1982年録音)

John Abercrombie (g,elmand)
John Scofield (g)
George Mraz (b)
Peter Donald (ds)

又もやなんだが、
例によってこれも当初聴いてたにはカセットテープ。
(東京在住時代に通ってた某ジャズスクールで録音して貰った)
CDは15年程前購入した。
ジャケ違いが数種類有るがわしゃやっぱりオリジナルのこれがしっくりくる。
しかしいつも思うがわしゃこのジャズスクールと友人Zに随分と世話になっている。
カセットテープ代のみで大量の音楽をゲット出来てたのだから。
それといずれ詳しく書くが高校時代バイトしてた近所の電気屋が経営してたレコード屋ね。
ここでは縦横無尽に自分の聴きたいレコードを注文しそれを毎日せっせと録音してたのだ。
大いに世話になった。

収録曲はアバクロ作が2曲、ジョンスコ作が1曲、
それにマイルスの"Solar"ウエスの"Four On Six"
スタンダードの"I Should Care"に"If Tou Could See Me Now"で計7曲。
ドラムとベースはその内3曲だけ入る。
(ジョンスコ曲と"Four On Six"に"If Tou Could See Me Now")
後はギター2本のデュオ。

この2人、一口にウネウネといってもはっきりと違うのだ。
ちょっと強引に分けると陰のアバクロに陽のジョンスコって感じか?
違うか?
ま、とにかくお互い全曲ウネウネしまくってるんじゃが
特に冒頭のソーラーから3曲目のフォー・オン・シックスの流れね。
これがもう最高。まさに火花散るウネウネの応酬。
聴いてると思わず腰までウネウネしちゃう。
特に高速ラテンビートから4ビートへと移行するフォー・オン・シックスがヤバイ。
アバクロちゃんはこの頃まだピック弾きなんで音数多くウネウネもより激しい。
若かりしジョンスコはある意味強引なまでのウネウネ。
う〜〜ん!たまらんぞ!
それとスタンダード2曲も逆にたまらんのだ。
この2人はこう云う歌物スタンダードを演ると何て言うか非常にカワイイのだ。
当たり前だが容姿では無い。プレイが可憐なのだ。
さっきまで豪快にウネウネアウトしてた人が一変する。
実はこう云うところが一番好きなのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。おそらく中身は一緒。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

猫カフェに行ってきた

09-02,2017

場所はこないだ水族館が出来た観音のマリーナホップ。
今広島市内に猫カフェが何軒有るか知らないがわしが行ったのはここで3軒目。
以前ブログで書いた様に親父の墓参りからのながれで向かった。
店名は猫カフェ感一切無しの「ドッグカフェ・マリーポポ」
基本メインはドッグカフェの方みたいだ。
因みにドッグカフェとは自分の飼い犬と一緒に食事が出来る店。
店に犬はいない。
そのドッグカフェの奥にひっそりと猫カフェが併設されているのだ。
1時間1100円。市内中心部と変わらんがここは駐車場が無料。

えらくラブリーな内装の室内。
髭ズラメタボなおっさん(わし)には全く似合わない。

20170902135858bc6.jpg

20170902135855d41.jpg

綺麗に手入れされた猫ちゃんが5匹いた。(週末はもっといるみたい)

20170902135858ce5.jpg

猫カフェの猫ちゃんはやっぱり人にも慣れてる。
大人しい。

20170902135900c95.jpg

しかもカメラ慣れしてるからじっくり撮れる。

20170902135901c9b.jpg

20170902135954373.jpg

201709021400290f6.jpg

午前中しか起きてないらしい大御所。昼前だったのでギリ起きてた。

20170902135955fe1.jpg

睡魔と闘う猫ちゃん。

201709021359579f8.jpg

ゴロゴロする猫ちゃん。

201709021359582ac.jpg

カレンダーみたいな絵。

201709021400317d6.jpg

テンション上がり猫ちゃんに向かい踊るツレ。

20170902135957cee.jpg

それから年パス持ってるんで水族館へ。
ちょうど餌やりタイムだった。

20170902140033e06.jpg

シカゴのロゴT購入。

20170902140028aea.jpg

回転寿し食べてスーパーよって早めに帰宅。
そんな一日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市野さん使用。tcのブースター。
欲しい。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。


説明不要

08-31,2017

まだまだ聴いとりますアバクロちゃん。

20170831124558662.jpg

John Abercrombie / Current Events (1986年録音)

John Abercrombie (g)
Marc Johnson (b)
Peter Erskine (ds)

説明不要の大名盤。
今回もう何年振りかと云うくらいに久々に聴いて改めて思った。
特に2曲目アルバム中唯一のスタンダード"Alice In Wonderland"からラストまでの流れ。
これ完璧。
確実にジャズ史に残る名演。
勿論1曲目も良いんですよ。
ただわし的に特に2曲目からが好き。
美しく(#2、3、4、7)怪しく(#5)危険(#6)な香り。
これ書きながら今も聴いてるが既に2周目突入。
何度聴いても色褪せないのだこれは。
あと数曲で聴けるギターシンセの使い方も上手い。
時に上品に時に激しく。
シンセ昔はそんなに好きじゃなかったが今は若干欲しい。
最近はピックを捨てた囁き仙人の如きアバクロちゃんばかり聴いてたが
若干饒舌なこの頃のアバクロちゃんもやっぱり良いのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

名曲揃い

08-29,2017

こないだからずっとアバクロちゃん聴いとります。

20170829162600f7d.jpg

John Abercrombie / Now It Can Be Played (1992録音)

John Abercrombie (g)
Andy LaVerne (p)
Steve LaSpina (b)
Jeff Hirshfield (ds)

このアルバム、まずジャケ買いは無いな。
身も蓋もない程呆気ないジャケット。
マジで何でこの写真でジャケットデザインしようとなったかが分からん。
特にイケメンに写ってる訳じゃないし、
アンディ・ラバーンなんかスゲー微妙な表情だし。
ま、しかし内容は素晴らしいのだ。
アバクロちゃん作が2曲にラバーンちゃん作が4曲、
スタンダード2曲("I Whish I Knew"&"Yesterday's")で全8曲。
このアルバムの何が良いってそれはもう2人のオリジナル曲。
とても綺麗なメロ持った名曲が揃ってる。
もうオープニングのラバーンちゃん曲で参る。(Now It Can Be Played)
リリカルなワルツに乗ってアバクロちゃんの少しコーラス掛かった様なギターが美メロを奏でる瞬間!
あぁぁ!!!良いぃぃ〜〜!!!
何度聴いても良いぃー!!!
絶対わしこれ聴いてる時恍惚の表情で微笑んでる。
しかしこれどっか譜面無いかね?
今度わしもライブで演りたいんじゃが。
きっぱり諦めて自分でコピーすれば良いんじゃろうがちょっとどっかないかと思ってみる。
えぇ〜、この他にもワルツナンバーは2曲、
要するにワルツナンバーだけで3曲。
こんな所からも何となくこのアルバムの雰囲気も掴めるんじゃなかろうか。
因みにその2曲もぶりええのだ。
てか、ここでの2人は作風もえらく似てる。こうやって並べても全く違和感無し。
とにかく徹底的にリリカル。
ハードさは薄くミディアム〜ミディアムスロー中心の楽曲。
アバクロちゃんのプレイも上記した様に薄くコーラス掛けたエレクトリック
そしてナイロン弦アコギでリリカルに囁く。
ラバーンちゃんもそう。
何処となくビル・エバンスを彷彿とさせる!みたいな?
てな雰囲気と言えば一番しっくりくるか。
そうそう!そうだ!そんな感じ。
よってこのアルバムはジャズギターファンだけでなく
「わしゃギターなんぞ一切聴かんで!聴くのはピアノトリオか美人ボーカルだけ!」
と云う方に是非とも聴いて頂きたい。
絶対!
多分!
おそらく!
もしかしたら!
気に入るんじゃないかと思う!
最後になったがスタンダードの2曲もぶちええです。
"I wish I Knew"の絶妙リズムパターン!
これも今度拝借しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

仕切り

08-26,2017

水曜日にセッション行ったので記録しときます。
今年12回目。
いつもの店。

20170826134358199.jpg

今回は久しぶりのN氏セッション。
初めて見る人ちらほら。
何度か書いたがこの店のセッションは基本ダーダーで進む。
ホストも基本何かの楽器1人なんで演奏する参加者の組み合わせもダーダー。
よって初心者が居るとなんやかんや困る事も多い。
特に出たがりの人だと色々と困る。
上手いオルガンバックに歌いたかったのであろうDJKJV軍団の順番の時もN氏は不動。
一切仕切らない。
うーむ…
やっぱりある程度の仕切りは必要じゃなかろうか。
ちょっと気の毒だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディメオラ新譜。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。