ギド

06-07,2017

私事ですが昨日誕生日でした。

イタリア人ギタリスト、ギド・ディ・レオネの新譜。(2016年録音)
と、その前にこの人の名前。
以前書いた記事ではグイドと書いたけど(この記事)
どうも正解はギドっぽいので今回はギドでいきます。

201706071113090ff.jpg

Guide Di Leone / A Lonely Flower For You (to Jim Hall)

Guido Di Leone (g)
Dario Deidda (b)
Giovanni Scasciamacchia (ds)

タイトル通りJim Hallに捧げられたアルバム。
ジム・ホールのオリジナル7曲にスタンダードの"Beautiful Love"
ジョビンの"Por Causa De Voce"そして本人オリジナルが1曲で全10曲。

もう初っ端のビューティフル・ラブで参った。
以前からジムホール直系プラスαの端正なプレイをしてた男じゃが
更に進化しとるじゃないか!
ジャズギター好きが必ずや満足するであろう王道テイストの中にある今っぽさ。
その理由はベースのダリオ・デイッダにもあったのだ。
「クソカッコええじゃんか!」と思いつつ調べてみると
去年急遽カートと一緒にトリオで来日し話題になっとる男であった。
わしは知らんかったが以前からベース好きの間では密かに注目されとったベーシストみたいだ。
エレベとウッドの中間の様な独特のサウンドを出す独特で不思議なベース(実際はエレベ)
これでもってウッドではでない独特のラインを奏でる。
ムードも独特。
この独特尽くしの男がこのアルバムをもう一段階カッコ良くしてる要因なのだ。
で、そこはギドちゃんも分かったもんで、
このアルバムではこの男のソロパートもふんだんに用意されている。
オーソドックスなギタートリオの体でツーフロントの様な形。
双頭リーダーと言っても過言ではないかもしんない程の露出。
よってベース好きも必ずや満足。
書き忘れるとこだったがドラムも地味に良い。
余り出しゃばらないのが良いんだな。
でも実は曲や場面場面でしっかり後ろからプッシュしてる。
こう云う人好き。
次作はこの三人でジムホール所縁のスタンダードばっか集めたアルバム作って欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

シンプル

06-04,2017

ライブの記録。
今年7回目。2ヶ月振りテナーのI氏クインテット。

20170604082903b08.jpg

今回のわしの機材はシンプルだ。
エフェクター一切無しでフルアコ(Byrdland)をアンプ(Peterson)直。
(シールドはVovox)
本来このアンプのリバーブは
どデカイチャンネル切り替えと兼任の専用スイッチが必要なんじゃが
以前オーバーホール時にリバーブONのジャック買ってたんでリバーブもアンプのを使用。
何気にPetersonにギター直は初めてだった。

で、演奏曲、

1st set

1 Love For Sale
2 Lullaby Of Birdland
3 Body And Soul (sax less)
4 I Didn't Know What Time It Was
5 Softly As In A Morning Sunrise

2nd set

1 Secret Love
2 How Insensitive
3 Footprints (sax less)
4 Time After Time
5 All Of Me

こんな感じ。

とうかさん(祭り)2日目で人は多かったがお客さんは少なかった。
(ゼロでは無いが)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウルフ・ワケーニウス新譜は息子とデュオ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

変化

06-03,2017

最近朝ドラ(ひよっこ)のちょっとしたエピソードだけで涙がジワジワくるんじゃが
この異常な涙もろさは急激に加齢が進んどると云う事ですかね。
寅さん(男はつらいよ)観ては一人で大ウケしちゃうし。
変態ですかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニタイ・ハーシュヴィッツの新譜。
カート1曲参加。

タツローライブに行ってきた

05-30,2017

約1年半振り、恒例の山下達郎のライブに行ってきた。
わしが行ったのは広島2DAYSの2日目、5月28日日曜日。

201705301447382ff.jpg

転売対策で写真入りの身分証明書で本人確認し入場。
(これはいい対策)
今回は会場に予定より早く着いたのでグッズも先行販売でゆったり買えた。

201705301449158cc.jpg
Tシャツ。

20170530144917b13.jpg
タオル。これプラス公演パンフレットを購入。

更にそこからCD販売の列にも並び先着のサイン色紙もゲット。
(買ったCDは"ビッグ・ウェイブ"の30thエディション)

20170530144917b48.jpg

席は前から13列目。
結構左寄りの席だった為、佐橋ちゃん(ギター)のアンプや脚元は一切見えず終い。
ギターは何時もの赤いストラトにグレーっぽい青のメーカー不明のストラトを使ってた。
タツローはいつのもギターにShinosのアンプ。
そしていつもの服装にニット帽。
脚元は見えず。

そうだ、
そんな事よりわしの前に座っておっさんが問題だったのだ。
ボサボサの鳥の巣みたいな頭髪でタツローの姿にその鳥の巣が綺麗に被るのだ。
気になってしょうがなかった。
結局その鳥の巣に馴れるまで3曲分の時間かかった。
皆さん。
ライブや芝居観に行く時は髪くらいといて行きましょうね。
後ろの人が困るから。

しかし、会場をじっくり見渡すとこう云う鳥の巣状態の頭髪も多かったが、
なんとハゲの多い事。
もうあちこちに綺麗なゲーハもしくは超薄毛ゲーハ予備群がいるのだ。
(わし含む)
タツローライブの平均年齢の高さがこう云う所にもしっかりと現れてる。

そういやぁ、トイレもそう。
この前のジェフ・ベックの時もだったが(この記事参照)
それ以上にトイレに立つ人多数。
もう引っ切り無し。
常に誰かが席を立ってる感じだった。
皆年だからしょうがないねぇ〜と言いつつ、そうなると当然ツレもそう。
この人は映画だろうが何だろうが必ず途中トイレに行く。
今回もライブ開始10分前にトイレ行ったにもかかわらず、
ライブ開始30分で再びトイレに行った。
そして慌てて帰って来たはいいが脚元に置いてるチラシに足を取られ
よろけながら自席ではなく肘掛けに置いてるわしの手の上に思いっきり体重をかけ座った。
尻によるプレス。アンドレ・ザ・ジャイアント並みのヒッププレス。
巨大なケツと肘掛けにサンドされたわしの右手中指はみるみる内に腫れていった。
誰も居なかったら「クソ痛いのぉーこのバカタレが!」と叫ぶ程の痛み。
でも周り人だらけなんで我慢したけど。
(帰りご飯食べに行った時には治ってた)

歌に演奏。
これは今回も絶好調だった!
特にマッチ(近藤の事ね)に提供した"ハイティーン・ブギ"!
このアイドルヤンキー歌詞の曲を一切恥じらう事無く全力で歌い切ったのは流石だった。
ウケまくりつつ大喝采を浴びてた。
(ついでに「マッチでぇ〜〜っす!!!」とモノマネしてくれたらより完璧だった)
タツロー達のプロ意識と演奏能力、そして年齢に負けない若さ、
タツローのライブを観たらいつも
「わしだって還暦過ぎてもガンガン演奏するぞ!」と元気が出てくるのだ。
上手くいけば来年の前半にはオリジナル・アルバムがリリース出来そうらしい。
うう!
是非ともこれまでのように延期延期とならないよう願いたい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビッグ・ウェイブ30thエディション。
ボートラでわしの大好きな曲"Only With You"の
ギターインストバージョンが入ってるのが嬉しい!



ジャズも一枚。
マシュー・スティーブンスの新譜。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

お陰様でダーター

05-28,2017

ライブの記録。
今年6回目。
今回は先月に引き続きアルトのDr.SSD君を迎えてのドラムレスカルテット。
演奏曲は以下の通り。

1st set

1 All Blues
2 Meditation
3 I Hear A Rhapsody
4 A Time For Love
5 Tea For Two

2nd set

1 Invitation
2 Giant Steps
3 Bluesette (Toots Thielemans)
4 Morning Blues (Michel Petrucciani)
5 Falling Grace (Steve Swallow)
6 Stella By Starlight

そして写真をご覧ください。

20170528115831161.jpg

新たなエフェクターを入手しました。
(ツレ&ツレオカンのお陰でタダで入手)
Mooerと云う中国ブランドの"SLOW ENGINE"と云う
昔あったBOSSのスローギアっぽいヤツ。
カートの例のあの音とは若干違うがこれはこれで結構面白い。
(2曲で使用した)
これ又カートのとは違うがちゃんとコンプも使いました。
このユニットではこうやって色々試せるのだ。

20170528115832cd3.jpg

ギターは335。
ストラップもカートとお揃い。
でも当然ながらカートの様には弾けないのであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エフェクターはコレです。



ストラップはこれ。



同柄でウクレレ用もある。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。