先週の事じゃが

11-13,2017

「この世界の片隅に」こうの史代原画展に行ってきた。

20171113131914401.jpeg

今ではパソコンで描くマンガ家も多いんだろうが
この人の柔らかいタッチは紙とペンじゃないと無理じゃないか?
素晴らしかった!

20171113131912c98.jpeg

この原画展は11月21日まで福屋八丁堀本店で開催中。
今ならまだ上の写真の書き下ろし“すずさん”ポストカードが貰える。
(無くなり次第終了らしい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Blu-ray。



コトリンゴのサントラも良いのだ。



モンゴメリーブラザーズ完全版。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

グラディエーター観た

11-09,2017

先日に引き続き今日もリドリー・スコット作品の鑑賞。



これも観たのは数年振り。
わしの持ってるDVDは2枚組CDサイズのケースに入ってるDVD化された初期の物。
1枚に本編、もう1枚にボリューム満点の特典映像が入ってる。
今回もそれを観た。
大好きな映画なんで当時まだクソ高かったが速攻で買ったんじゃよな。(3980円)
更にラッセル・クロウのあまりのカッコ良さに影響され全く同じ髪型にしたのだ。
自分で言うのもなんじゃが結構評判良かった。
とまぁそんな感じで今回改めて観てもやっぱ最高だったな。
戦闘シーンはどれもど迫力!スピード感溢れるストーリー展開、
壮大な音楽、俳優陣の鬼気迫る演技も素晴らしい!
更に水戸黄門or忠臣蔵的カタルシスまで味わえる!
そしてラストシーンからのテーマ曲で誰もが鳥肌立てまくって感動するだろう。
もう何処を取っても非の打ち所がない名作。
そしてやっぱりこの映画のラッセル・クロウはカッコええと再確認。
但し現在のわしの毛量ではもう同じ髪型には出来ない。
それが残念。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Blu-ray



Rez Abbasiの新譜出とるじゃん。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

御大

11-08,2017

パット・マルティーノ御歳73歳の大力作。

20171108080718e63.jpeg

Pat Martino / Formidable (2017年録音)

Pat Martino (g)
Pat Bianchi (org)
Carmen Intorre.Jr (ds)
Adam Niewood (ta)1,2,3,5,7&9
Alex Norris (tp,fly)1,2,3,5:7&9

こないだNHKのBSでやってた“東京JAZZ”を観てても思ってたんだが
右手のアタックが若干弱くなった気がするし、
左手のスピード感も影を潜めた気がする。
このアルバムでも最初聴いた時特にオープニングからの3曲でそう思った。
やはりこの人も年取ったのかと…
が、聴き進むにつれ感じるこの圧倒的な存在感!
ちょ、ちょっと何コレ⁉︎
し、信じらんない!
そりゃ確かに若干スピード感は無くなったかもしれんが
ミディアムからバラードでのプレイはどうだ!
この円熟味!このスイング感!
昔からバラードは上手い人だったが更に深みが増してるじゃないか。
そして何度も書くが存在感!
何処をどうとってもパット・マルティーノの世界。
ここまでくるともう晩年のジャイアント馬場みたいなもん。
あの頃の馬場は何やっても馬場だったじゃん。
へーこいてるだけでも馬場は馬場だった。
5分も試合しないでちょこちょこと動いてるだけで客を惹きつけた。
まさに御大。
まぁパット・マルティーノがライブ中ギターも弾かず
プーこらへーこいてるだけとは言わないが、
それでも納得しちゃいそうな存在感はある。
と、意味不明な勝手な事色々と書いてるが実際そんな変化は微々たるもんで、
よっぽどのギター好きじゃないと分からん位のもん。
普通の人が聴けば全く若い頃と変わらんじゃないかと思う元気なプレイ。
これだけ弾ける人そうはいない。
普通に安心して購入して頂いて問題無い。
あと話は変わるが、わし思うに、
よく「歳を感じさせない演奏」とかって褒め言葉の様に使ってるじゃん、
でもそんな表現も実際どうでもいいんじゃないかな。
歳取ったら取ったでいいの。
衰えたっていい。衰えるのは当たり前。
本当にそんな事はどうでもよくて、
その人のその時点でのベストなプレイ、渾身のプレイ、
想いの詰まったプレイを聴かせてくれればわしは感動する。
そう云う気持ちで聴けばアマチュアの演奏にだって、
初心者の演奏にだって感動するのだ。
若さが有ればとか上手けりゃ良いってもんじゃないのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです!ジャケがぶちカッコいい!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ブラックレイン観た

11-07,2017

「エイリアン コヴェナント」「ブレードランナー2049」と
リドリースコット関係を立て続けに観たんで超久々に引っ張り出して鑑賞。



今の感覚で観ると古くさいなと感じる所や
ハリウッド映画で有りがちな日本勘違い系描写は多々あるが、
とにかく出演者全員がカッコ良く描かれてるんじゃよな。
松田優作は言うに及ばず、何気にアンディ・ガルシアもええ男じゃし、
特に最後の5分健さんとマイケル・ダグラスはカッコいい。
そしてなんと言っても映像。
これが素晴らしい。
大阪の街がもう殆どブレードランナーの世界。
別世界。
流石のリドリースコットと再確認。
但し実際の大阪の街中はあんなにあちこちから水蒸気出てないけどね。
後、松田優作と高倉健の陰に隠れて出番は少ないが若山富三郎の演技がど迫力。
これも再発見。
他にももう死んじゃった人沢山出てくる。
そんな意味でも懐かしく観れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めて観たのは映画館、その後レンタルのVHSで、
そして今日観たのは大昔買ったDVD。
もう何度も観てるがデジタルリマスターされたBlu-ray買うか。



ジムホール再発!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

和気藹々な夜

11-06,2017

先週末セッション行ったので記録しときます。

20171106115626421.jpeg

場所は流川通りから直ぐ近くのジャズクラブ。
1年振り2回目の参戦。
前回は店のマスターの知り合いらしいベースのY氏に連れてって貰ったが、
今回は単独で行った。
でもマスターはしっかりわしの顔覚えてくれてた。

10数人も入ればフルハウスって感じの小さな店に今回は8人の参加者。
珍しくその内3人が初めて会う方々だった。
後は知ってる顔。
いつも一緒にライブするDr.SSD君も来た。
セッション開始時間はいつもの店より少し遅く8時半から。
(店のオープンは7時半)
いつもの店と同様一切の仕切り無くざっくばらんに進むんじゃが
マスターご夫婦の人柄からか、皆が常連で仲が良いからか、
非常に和気藹々とアットホームな感じなのだ。
やっぱり店主の人柄が良いと全てが良い方に進むのか。
色んな意味で和を乱す人も居なかったし。
そんな訳でわし自身の調子は悪かったんじゃが非常に心地良く演奏出来た。
あっ、それとマスターがピアノとベース(本職はこっち)の2刀流ってのもポイント高いんじゃな。
ベースの参加者誰も来なくてギターと菅とドラムだけ…と云う状態はまず無いのだ。
ピアノやギターなどコード楽器が来なくても大丈夫。
(どっちも来なかったら仕方無し)
これからはもっと頻繁に行こうと思った。
但しひとつ問題があるんだな。
ここは中国地方最大の歓楽街流川地区の中でも特に立地が良いところに有るんで
近くの駐車場が割高なのだ。
いつも行く店は同じ地区でも外れにあるんで駐車場も安い。
最悪その安いとこ止めて歩けばいいんだろうが
それだとハードケースでギター運ぶわしには辛い。
うーむ…
軽量なギグバッグ欲しいな…(また新たな物欲が)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チック&ガットの新バンド新譜。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。