異次元の人

04-17,2017

アラン・ホールズワースが亡くなった。
ロック系は勿論の事、今第一線で活躍してるコンテンポラリー系ジャズギタリスト
(カートやジョナサンやモンダー等)にも多大な影響を与えてる偉大なギタリストだ。
この人が居なかったらカート逹のスタイルも無かったと断言出来る程の影響。
但しわしは中学生の頃から聴いてるが一切コピーはしたこと無い。
と云うか正確には手の小さいわしには物理的に弾けそうにない事が多い。
多過ぎる。
よって見ぬふりしてサラ〜っとスルーしてきたのだ。
でもこの人のプレイは大好きだ。
わしだって出来たらこんな風に弾いてみたいのだ。

20170417134112187.jpg

Allan Holdsworth / None Too Soon (1994.4月〜1995.12月録音)

Allan Holdsworth (g,synthaxe)
Gordon Beck (digital-p)
Gary Willis (b)
Kirk Covington (ds)

ホールズワースのアルバムの中でジャズファンサイドから見た名盤はこれで決まりだろう。
有名ジャズチューンをあの唯一無二のスタイルでどう聴かせるか。
しかも曲のチョイスがいいのだ。
コルトレーンの"Countdown"を筆頭に
ジョーヘンの"Inner Urge"等難曲がズラーッと並ぶ。
ジャンゴの"Nuages"やスタンダードの"How Deep Is The Ocean"も最高だ。
シンプルでオーソドックスなジャズアレンジの上であのギターがウネリまくるのだ。
王道4ビートの世界に異次元の空間が広がる。
聴いてるとどんどんその空間に引き込まれ気が付くと口あんぐり。
胸元にヨダレが滴ってると云うパターン必至だ。
クセになる恍惚感。
まだ未体験のジャズファンの方には是非味わって頂きたい。
しかし70とは早過ぎる。
引退する話とか出てたが何処か身体の具合が悪かったのかな。
豪華ボックスが発売されたばかりなのにとても残念だ。
御冥福をお祈り致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はダウンロード版)



豪華ボックス。これ欲しい。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

カート・ローゼンウィンケルのライブに行ってきた

04-15,2017

またまた遥々岡山まで。
こないだ行ったヤコブ・ブロと同じプロモーターさんが呼んでくれたのだ。
広島にはそんなプロモーターは居ないのでとても有り難い。
前回カートを観たのは何年前か!あの時は色んな思い出が…(この記事)
ちなみに今回もカート&わし共ちゃんと帽子被ってました。
とにかく久々なのだ行くしかない。

ライブのメンバーはリーダーKurt Rosenwinkel (g.vo)を筆頭に
Pedro Martins (g.kye.vo) Olivia Trummer (p.kye. vo)
Frederico Heliodoro (b.vo) Antonio Loureiro (pec.vo)Bill Campbell (ds)
更にはアルバム"Caipi"のミキシングを担当したPaul Staceyも同行しサウンドメイキング。
このバンドに対するカートの力の入れようが分かる。

会場は北区にあるMO:GLAと云うライブハウス。
主にロックを中心に幅広いジャンルを聴ける場所みたいだ。
わし&ツレは開場1時間前に並び最前列ゲットしたが
実際はリハが長引き開場したのは予定より30分以上経ってから。
疲れたがトイレに行くカートと遭遇出来た。(ツレと共に手を振った)

201704150530060a5.jpg

20170415053008a66.jpg

会場内はこんな感じ。

20170415053122aaa.jpg

ヤコブちゃんの時はOKだったがこの日は演奏中の写真はNG
但し開演前に機材の写真は撮れた!

2017041505300894e.jpg

ご覧の様にカートは新たにボードを構築。(ボード外にもエクスプレッションペダル等があった)
最近のマイブームなのか殆ど全てで例のアタック音をカットしたVol奏法的サウンドで演奏。
(恐らくエレハモのPOGで作ってる)
歪みは極一部のみで使用。
コンプが3台も有るのが意外だ。

20170415053119ded.jpg

ギターはウェストヴィルのヴァンガードのみ使用。
アンプはツイン。
そういやぁカートとペドロちゃんは演奏中赤ワインを飲んでた。
何気にカッコいい。

お次はペドロちゃんの足元。
ZOOMのマルチMS-50Gが有る。
これなら買えるぞ!

201704150530095f7.jpg

ペドロちゃんのギターは例のメーカー不明の小さなセミアコ。
fホールはテープで塞いでた。
アンプはこっちもツイン。
ソロは3曲で。わしの好きな"Hold On"で大フューチャー。ギターも歌も最高。

20170415053010ab4.jpg

20170415053120a65.jpg

これはカートの足元にあった曲順リスト。
"Chromatic B"がひっくり返る程カッコ良かった!

演奏の方はさすが"Caipi Band"と称しただけあって主にカート1人で作ったアルバムに比べ
恐ろしく熱く分厚いサウンドだった。
エンジニア同行も頷ける。
そして想像以上にバンド感があったのだ。完全なるバンドサウンド。
マジで最後の方の熱量はロックバンドみたいだったから。
(演奏後We are caipi band!とかX JAPANみたいな事言ってたし)
カートは気持ち良さそうに歌も歌ってたし、新曲も演った。
恐らくこのプロジェクトはまだまだ続くと思われる。
但し他のメンバー全員若くクソ上手いのだ。
今後スケジュール合わせるのはどんどん難しくなるんじゃないかと思われる。
行くの躊躇ってる方は今回是非行って下さい。
まぁーとにかく割と淡々とした印象のアルバムと比べライブは全く印象が違った。
素晴らしかった!
たっぷり90分以上の演奏でカートのギターも沢山聴けたしねぇー!

そしてライブ後はサイン会。
"Caipi"にカート含めメンバー全員のサイン。

20170415072945be1.jpg

ペドロちゃんにはソロアルバムにもして貰った。
(何処で買ったのか?とスゲー喜んでた)

20170415073304903.jpg

カートのアルバムは沢山持って行った。
その全てにサイン貰いたかったがわしの後ろにも沢山人が並んでたんで
悩んだ末に初めてカートと遭遇した思い出深いファーストアルバムにだけサインして貰った。
ここからわしのカート好きが始まったのだ。

20170415072940765.jpg

このジャケを見つめつつ「ここから随分長い時間が経った」とカートは感慨深げだった。
そしてわしの目を見つめ力強く握手してくれた。
カート最高!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アナログ盤も出ます!



カート使用のエレハモPOG



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

全員唖然

04-12,2017

ライブの記録。今年4回目。(テナーI氏のクインテット)
因みに昨日はオカンもライブだった。(カラオケ教室発表会)
と、通常通り書き始めたがとんでもない事が起きた。
何とマスターがライブを忘れてて店開けてなかったのだ。
最終的には2時間以上遅れて店開けたが物凄く疲れた…
色々あったが一晩経って何も書く気がしなくなった。
写真も撮ってない。
よって記録だけします。
ギターは335。BOSSのエフェクトボード使用(BC-2入れた)
演奏曲は以下の通り。

1st set

1 Four (sax less)
2 Aflo Blue (sax less)
3 Love For Sale
4 Polkadots And Moonbeams
5 Alone Together

2nd set

1 St.Thomas
2 If I Should Lose You
3 Midnight Voyage (Joey Callderazzo)
4 I'll Close My Eyes
5 Hush A Bye

しっかしアレだな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

federico casagrande新譜。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

断言します

04-08,2017

今日は朝からオルガン。

201704081140529f8.jpg

Larry Goldings / As One (2000年録音)

Larry Goldings (org)
Peter Bernstein (g)
Bill Stewart (ds)

現在のジャズシーンでギター入りトリオとしてはジョンスコのAチーム(ジョンスコ、ビルスチュ、スワロー)と並ぶ名トリオじゃなかろうか。
これに異論のある人はいない筈!
とあっさり断言してますが、
もしあってもわしに異論言われてこられても困りますんでその時は各々独り言でお願いします。

このトリオのアルバムはゴールディングス名義、ピーターちゃん名義でこの他にも数枚有るし
ピーターちゃん名義では映像作品もひとつ有る。
そしてそのどれもが超ハイクオリティ。
だからどれをとっても間違いないが中でも本作は個人的に1番の好み。
但し。
念の為書いておくが本当にこれはもう完全に好みの問題。
これから初めて聴くと云う方は特にどれからとか考えないでもいい。
どれを取ってもきっと満足する事でしょう。
現にこのトリオのアルバムは取っ替え引っ替え定期的に聴いてるので
わしだって明日になれば気が変わってる可能性有り。
話戻ります。
収録曲はゴールディングスちゃんオリジナルは5曲にビルスチュ作が1,
その他が3の全9曲。
このトリオらしく4ビート、ジャズワルツ、ラテンに8ビートと多彩なサウンド。
それらを現代的なひねりを利かせ王道スタイルの中に見事落とし込んでる。
上品というか何というか出てくる音にコクと深みがあるんだな。オマケにキレも有る。
風呂上がりに飲む旨いビールみたいなもんかな?
違うか?
まぁーとにかくちょっと普通のジャズオルガントリオとは違う。
さり気なくこう云う音を出す奴らは実は中々居ないのだ。
更にジャズ界ではこんなに長く活動続けてるトリオもそうは居ない。
色んな意味で素晴らしいのだ。
それでいいのだ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はダウンロード版)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

またまたまたまた大久野島へ

04-06,2017

うさちゃんの島、大久野島へ行ってきた。

201704061214533a3.jpg

久々だなと思い今自分のブログで調べたら去年の5月以来約1年振りだった。
4度目の訪問だったが平日にも拘らず間違いなく此れ迄で1番の人出。
春休みだからか小さな子供連れの家族とか外国人が多かった。
で、当然その殆どが餌を持って上陸してる。
わしらは昼の12時過ぎのフェリーに乗ったが、
朝イチから上陸してる人々も当然皆餌持参だったろう。
そしてそれら全員が上陸した途端次から次へとうさちゃんに餌をやる。
更には前日から休暇村に宿泊してる客達も早朝から餌をやってる。
よって昼にはうさちゃん達は皆腹一杯状態だ。
特に桟橋前広場や休暇村前広場周辺を縄張りとするうさちゃん(ツレが言うには都会派うさちゃん)は完全に満腹の様。
普段ならビニール袋のシャカシャカと云う音を聞くだけで嬉しそうに近付いて来るのに
この日は寝そべったまま「う〜ん?」的な態度しか見せないのだ。
わしの方から近付いて餌を口の前迄持っていってとやっと「仕方ないねぇ」と食べてくれる。
しかし島の裏側辺りを縄張りとするうさちゃん(ツレ的には田舎者うさちゃん)は腹空かせてた。
わしらはいつも通りレンタル電動自転車を借りて島内一周したが
徒歩の人々はやはりあの登り坂で引き返すのだ。
だから登り坂周辺のうさちゃんは特に腹空かせてる可能性が高い。
餌を求め遠くから駆け寄って来るメチャンコ可愛い姿が拝めるのでオススメだ。
そして何となく感じるのがうさちゃん達の性格の違い。
あくまでもわしらの主観じゃが都会派は人に慣れてる。
餌を食べてる時身体や頭を撫でても逃げないヤツが多い。
人懐っこいのだ。
逆に田舎者は撫でようとすると身体をピクッとさせ少し逃げる奴が多い。
基本シャイなのだ。
まぁ〜どっちにしろひっくり返る程可愛いのじゃが。

島には約4時間滞在。
そこから予定通り竹原のガストへ。
平日happy hour(平日16〜18時迄)はスーパードライ生やハイボールが249円なのだ!
そこでツマミ少々とビール3杯。
仕上げは西条駅前まで移動し「あおぞう」でねぎそば。
これも予定通り。
最高の1日。



船上から見た発電所跡。

20170406121454e2d.jpg

腹一杯なんで餌を食べてる時も落ち着きがある。
その分写真は撮りやすいか。

20170406121456bf2.jpg

この日はいつもの海沿いじゃなく堤防でご飯を食べた。
金丸は売り切れだったんで普通の平天とビールも。
ご覧の様にあいにくの曇天。でも丁度良い気温だった。

201704061214566eb.jpg

20170406121458fed.jpg

20170406121610770.jpg

20170406121611a39.jpg

20170406121612cad.jpg

わしの好きな足裏を無防備にさらけ出しくつろぐポーズ発見!そっと近付く。

2017040612161569f.jpg

ズン!

201704061216173e3.jpg

ズンズン!!

20170406121659fe1.jpg


更にツレが好きな座敷でくつろぐオヤジポーズ発見!そっと接近。

20170406121659c92.jpg

ズン!

20170406121701c4d.jpg

ズンズン!!!

20170406121702cc8.jpg

あー楽しかった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最後まで読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。